令和2年会長挨拶

  弓友の皆様
 ご迷惑おかけしていますが、共に頑張りましょう!

               山梨県弓道連盟会長 菊池 敏彦

 山梨県弓道連盟会員の皆様には、令和2年度、様々な思いを胸に、気持ち新たに弓道に取り組もうとしていたことと思います。しかしながら、その矢先新型コロナウイルス感染が猛威を振るい、4月7日、七都県に緊急事態宣言が出される事態となり、不要不急の外出自粛が求められるなか、弓道の行事(大会、講習会、審査会)も当面の間中止や延期を余儀なくされる事態となっています。本県においても感染の報告が連日なされ、県連で予定していた4月・5月の行事が実施できない状態となってしまいました。大変残念に思いますが、尊い人命には代えられません。感染の拡大が止まり収束に向かうまでの当面の期間、積極的に自粛・我慢をするしか方法がないと判断しています。なにとぞ、ご理解ご協力をお願いいたします。各支部・各道場におかれましても、それぞれの状況において安心・安全を第一に活動をお願いいたします。
6月以降の行事につきましても見通しが立たない状況にありますが、行事の実施の可否について判断がつき次第、各支部長さんを通じてお知らせすることになります。またホームページでも公開していく予定です。大会・講習会・審査会の申し込み等でご迷惑をおかけすることになりますが、ご協力をよろしくお願いいたします。
止まない雨はありません。張り詰めた弓から澄んだ弦音とともに一箭を発することができる日を楽しみに、弓友のみなさん、共に頑張りましょう。

**************
◇ 年初挨拶